Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に必要なソフト > Photoshopが上手く使えるとWebデザイナーとしてのスキルを持っていることが評価されます

制作に必要なソフト

Photoshopが上手く使えるとWebデザイナーとしてのスキルを持っていることが評価されます

Photoshopは、Webデザイナーが使う代表的なアプリの一つです。主にWebサイトのデザインを行う時や写真の補正・加工などをする時に使用するソフトですから、なくてはならないツールとなります。

デザインは一人一人個性のある作品になるので、作品から受ける印象なども様々です。Photoshopを使いこなして、自分のデザインをどれだけ実現できるかは、スキルが問われるところです。

仕事でやるデザインは企業向け、消費者向けなどさまざまなWebサイトのデザインがあります。それぞれの会社や商品、テーマにあったデザインが求められ、面接でも「どういうデザインをやりたいか」「どういうことがやりたいか」などはよく聞かれます。

Photoshopが使えることは前提で、こんなデザインが出来るとか、こんなことがやりたいなどがはっきりしていると、受け入れてくれる会社からは高く評価されることと思います。

Photoshopは、写真などの加工に向いていて複雑なイラストなどの絵を描くのには向いていません。実際にソフトで画像を最大限に拡大すると違いがよく分かりますが、ビットマップ画像といって色や濃度の異なる点の集合で出来ているというのが特徴です。

Illustratorというソフトは、図形を点で結ばれた線で表すことが出来るソフトで、Photoshopと併用して使われます。Webデザイナー志望の方は、合わせて使いこなせるようになることが必須です。

Photoshop Elementsというソフトがありますが、そちらは写真のレタッチ用ソフトでWebデザイン向きではないので注意してください。価格もWeb用のグラフィックツールと比べるとかなり安いです。

プロとしてWebデザインをやりたい方には、一度スクールなどに通うのもお勧めしますが、Photoshopが使えることは必須ですので、購入をお勧めします。

Photoshopを購入する

Adobe Photoshop CS4 製品版

Adobe Photoshop CS3

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク