Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に役立つ情報 > ユーザビリティとは

制作に役立つ情報

ユーザビリティとは

Web制作において「ユーザビリティ」とは、どういう意味なのかを説明したいと思います。

Usabilityと英語で書くと分かりやすいかもしれませんが、「使いやすさ」のことです。

Webクリエイターになりたくて、ものを作るのが好きという人は、スキルをあれこれ活用してWebサイトで再現したいと思う人は多いと思います。

しかし、ユーザーにとっては、そのサイトが使いやすいものと感じて利用してもらえるでしょうか?

見た目に凝りすぎたり、何も考えずにWebサイトを作ると、どんなにいい内容のサイトでも、使いづらいことでストレスを感じるようなサイトでは、他のサイトに移動されてしまうなんてことも多々あります。

導線が分かりづらい、どこになにがあるのか分かりづらい、機能的に使い勝手が良くないなど、使いやすさの阻む原因は色々あります。

ユーザビリティを考慮したサイトを作るには、制作段階より前に、サイト構成などを企画する段階から取り入れると、よりユーザビリティの効果あるサイトが出来ると思います。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク