Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に役立つ情報 > W3Cとは?

制作に役立つ情報

W3Cとは?

Web業界は初めてという人に、面接でもたまにW3Cについて知っているか質問されます。W3Cとは何かご存知でしょうか?

W3Cは、1994年10月に発足した非営利団体で、日本では、慶応義塾大学SFC研究所がホスト機関として活動しています。

Web制作においては、(X)HTMLとCSSを使ったWebサイトのコーディングに関する規格やアクセシビリティに関する規格があります。

特に、アクセシビリティに注目している企業は、W3Cの規格を基にサイトの設計方法やサイト上での表現方法などを定めたガイドラインを策定しているところもあります。

W3Cの勧告に完全に準拠するには、サイトの用途によっては難しいこともあります。規定を守る方向で、どうしてもルールに従えない時は仕方がなくもないかなと個人的には思っています。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク