Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に役立つ情報 > アクセシビリティとは?

制作に役立つ情報

アクセシビリティとは?

アクセシビリティとは何かもうご存知でしょうか?アクセシビリティについてご紹介したいと思います。

よくユーザビリティと間違えられますが、英語で書くとaccessibilityで「アクセスのしやすさ、近接性」などという意味です。要はWebのバリアフリーといった感じです。

バリアフリーといっても福祉分野に限って配慮したことではなく、もっと広い意味でのバリアフリーです。

世の中には色んな人がいます。母国語が違う人、体に障害を持った人、老人や子供もいます。

英語だけのサイトだと英語が分からない人には、そのサイトの情報は伝わりません。
マウスやキーボードなどの操作が限られるサイトは体の不自由な人には利用が困難な場合もあります。
字が小さい、または難しい表現のサイトは、老人・子供には読みにくかったり、理解が困難だったりします。

サイトの目的次第では、誰でもどこからでもアクセスしやすく情報が伝わりやすいサイトである必要があります。

具体的にWebサイトでは、どういった配慮をするかというと、人によってはFlashで構築されたサイトや部分的な情報は利用が困難な事があるので、テキストなどの代替情報を用意したりします。

目に障害がある人には、画像の色合いなどを識別するのが困難なので、配色に気をつける必要があります。

専門用語や難しい言葉を多用したサイトは、その分野に詳しくない人や老人・子供または書かれている言語を母国語としない人には理解しづらくなるので、誰にでも分かりやすい表現で文章を書く必要があります。

このようにアクセシビリティに配慮したサイトとは、誰にでもどこからでも欲しい情報が平等に伝わるように作られています。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク