Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に必要なスキル > Webサイトの企画書と提案書の違い

制作に必要なスキル

Webサイトの企画書と提案書の違い

企画書と提案書は、どのような違いがあるのでしょうか?

Web制作をするにあたって、あらかじめ企画書・提案書が作られます。

提案書は、Webサイトの現状の課題を見つけて改善点をあげたり、成功例を盛り込んだり、問題・課題の解決への方向性を示したものをまとめていて、それをもっと実務レベルまで落とし込まれたものが、企画書となり、提案したものをどのように実行していくかがまとめられ、サイトコンセプト、コンテンツ設計、スケジュールとコストを明確にしています。

サイトの規模や実装する内容にもよると思いますが、Web制作のワークフローにおいて、この企画と提案の部分が最も重要で時間のかかる工程だと思います。

実際、制作というのは作り始めればそれ程時間のかかる作業ではなく、サイトの成功は企画段階の様々な角度からの情報の分析やコンセプトメイクなどにかかっています。

企画書は、誰にでも読みやすい企画書を作るように心がけなければいけません。できるだけ簡潔な文章にした上で、図表などを適切に用いて、レイアウトなども工夫して仕上げるのが良いです。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク