Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に必要なスキル > Webプログラミングについて

制作に必要なスキル

Webプログラミングについて

Webプログラミングとは、どんなことをするのかご紹介します。

Webサイトでは、よくお問い合わせ用のフォーム掲示板買い物かご検索窓などを見かけますが、こういったパーツは、Webプログラミングによって動作しています。

Webプログラミングには、2種類のプログラムがあります。1つは、サーバ側で動作する「サーバ・サイド・プログラミング」と呼ばれるものです。例として、掲示板やカウンタなどに使われるCGI、Movable Typeなどシステム管理、テキスト処理などに用いられるPerl、XOOPSなどで有名なPHPなどがあります。

もう1つは、クライアント側で動作するプログラミング言語がありますが、ブラウザが文書の閲覧をすることに比重を置いたプログラムのため、JavaScriptはクライアントサイドのコードの開発に比重を置いてしまいます。

ちなみに、Ajaxは、サーバ側・クライアント側のプログラムが複雑に連携して機能を実現する言語のため、Webプログラマは両方の側で用いられる技術を深く習得することが求められます。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク