Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に必要なスキル > 成長していくためにコミュニケーション能力を高めよう

制作に必要なスキル

成長していくためにコミュニケーション能力を高めよう

よく求人情報の求められる人柄に、「コミュニケーション能力がある人」と見かけます。「コミュニケーション能力」とは何なのかご紹介したいと思います。

Web業界で仕事をしていくには、Webデザイナーやコーダー、ディレクター、プロデューサーなどどのポジションに立っても「コミュニケーション能力」が必要です。

相手と意思疎通が上手に出来るか、会話を通して言いたいことを相手に理解してもらったり、人の話を正確に聞き取る能力があるかなどだと思います。

コミュニケーションが上手くとれると仕事も上手く進めやすいです。内部の人との関わり方もそうですし、クライアントや外注先の人などの外部との連携を取るときにも重要になります。

若い人にはまだまだ足りない部分があるので、面接では今の自分に出来ているコミュニケーションの取り方をアピールしたり、積極的に身に付けていく意思があることを示せたら良いと思います。

業務上では、指示が正確に理解できるか、分からない事を上手く質問できるかなどがありますし、外部とやりとりする時は特にうやむやな点などを残さず認識合わせなどが重要になったりします。

コミュニケーション能力は磨けるものなので、身につけようと思う人なら誰でも身につけられるので、足りないと思う人は特に努力が必要ですし、私も自分自身に対してそうだと思っています。

話し下手で口数が少なく、あまり積極的でないと思う人は、仕事以外でも日常のたわいない会話でも自分から発言する機会を増やしたり、ちょっと喋りすぎじゃないかなと思うくらい喋ってみてもいいと思います。

コミュニケーションをあまり取ろうとしない人は、仕事嫌でやってるのかな?とか、向上心がないのかな?とか、やりたい仕事とかないのかな?という印象も周りに与えます。

Web業界はとにかく知識や経験が要されますし、一人で出来ることは限界があるので、こんな仕事がやりたい、○○を勉強したい・教えてもらいたいという事を積極的にアピールすると周りが助けてくれます

そういったメリットも活かしていけると、親睦も深まったりキャリアアップにもなるのではないかと思います。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク