Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 制作に必要なスキル > まずはHTMLに関する基礎知識を身につけよう

制作に必要なスキル

まずはHTMLに関する基礎知識を身につけよう

Web制作は初めてというコーダーの面接の時に、HTMLの簡単なテストを出されました。どんなことを知っておかなきゃいけないのか、初心者でもこの程度は知っておこうというポイントをご紹介します。

皆さんは、!DOCTYPE宣言と言われてなんの事か分かるでしょうか?趣味程度でホームページ作成をしているとあんまり気にしないことですが、プロになろうという人は知っておかなくてはいけません。

HTMLファイルの冒頭は、ブラウザでは見ることができませんが、このファイルはHTMLのどのバージョンで書きますという宣言をしなくてはいけません。

あまり詳しくは書きませんので、気になる人は調べてみてください。自分で調べて見つけた方がよく記憶に残るものです。

他には、セルが結合したテーブルのソースが書けるかどうか。colspanとrowspanはどっちがどっちか分かるでしょうか?

W3Cとは何か?ちなみに日本のある所にも、そのホスト機関が存在します。

HTMLの論理構造は理解できているでしょうか?趣味レベルのホームページでは、見た目を再現することに気を取られて、ソースの中身はぐちゃぐちゃということがよくあります。

ブロック要素とインライン要素の違いは分かるでしょうか?HTMLは、インライン要素の中に、ブロック要素を入れることは出来ないという決まりがあります。

HTMLとXHTMLの違いは分かるでしょうか?XHTMLは、XMLに適合するように定義し直されたマークアップランゲージです。

こういった事を理解した上で、正しくHTMLが書けるようになってください。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク