Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > クリエイターの働き方 > やりがいのある仕事を続けるなら正社員

クリエイターの働き方

やりがいのある仕事を続けるなら正社員

とにかくWeb業界に飛び込めるのなら、雇用形態は問わないと考えているでしょうか?Web業界で長く働こうと考える方には、正社員を選択されることをおすすめしたいと思います。

転職回数があまり多くなってくると、長く働いてもらいたいと考えている会社からは採ってもらいにくくなるので、一度入社を決めたら、しっかり実績が積めるまでは、なるべく安易な転職をしない方が良いです。

私の身近に40代でもWeb業界で活躍している女性がいますが、その方曰く、「実績を積むのに最低3年はかかる」といいます。見方を変えれば、実績を積む前に転職しても意味がないということですね。

3年も働けたら、大抵の方にとって、その職場を辞めても付き合いが残る人間関係も少なくないと思います。また、上手くすればクライアントとの繋がりも残せるかもしれません。

これがどういう事かというと、Web業界の仕事はスキルさえあれば、在宅で働いたり、それなりの経験もさらに積めば独立することも可能です。

もし、そうなった場合に、それまでに築き上げた人脈を頼りに仕事を紹介してもらったり、人材を紹介してもらったり出来るのです。

一緒に仕事をしたことがある者同士なら仕事を頼みやすいという点でも得すると思います。

これが派遣社員であったり、アルバイトであったりすると、責任のある仕事は正社員がこなすので、なかなか色々なことに挑戦して経験を積むということが難しいと思います。

また、金銭的な面でも正社員は賞与や交通費手当てがあるので、その点でも差が出ます。

私がそうですが、足りないスキルは採用されて、仕事をしながら死に物狂いで磨く!という度胸のある人も、正社員でWeb業界に飛び込めると思います。その他、問題なく正社員として働く準備が出来ている人は、ぜひ正社員で活躍されることをお勧めします。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク