Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 独学でスキルアップ > Illustratorを使いこなして、人の印象に残るデザインを作ろう

独学でスキルアップ

Illustratorを使いこなして、人の印象に残るデザインを作ろう

Illustratorが使えると、Webサイトの一番大切なロゴの部分や挿絵に近いイラストなどが描けるようになります。ここでは、Illustratorの特徴をお教えします。

私自身、Illustratorがあまり得意ではないのですが、最低限のスキルとして、Photoshopでは作れない画像を作るのにIllustratorを使っています。

Photoshopというのはビットマップ画像で、画像を拡大してみると小さなドットの集合であることが分かります。Illustratorというのはベクトル画像になるので、点で結ばれた線で表されるので、画像をどんなに拡大してもPhotoshopのようにジャギってくずれることはありません。

私がIllustratorを使うのは、例えばPhotoshopで丸いきれいな円を描きたくても、ジャギがでてしまってきれいに描けないなどというときです。最初にIllustratorで描いたものをPhotoshopにペーストすると、きれいな円が描けます。

もっと高度なイラストが描けるとロゴのデザインやウェブページに載せる挿絵的なイラストなどの作成が出来ます。

ロゴはサイトのシンボル的なデザインになり、人の印象に残るのでかなり重要な部分になります。また、よくウェブサイトに掲載されているアクセスマップや人・動植物などのイラストもIllustratorで作成されることが多い画像です。

ロゴやイラストは人の印象に残りやすいので、制作する側としては、かなりやりがいの持てる作業になります。自分の中でも大きな実績となるのではないでしょうか?

いつの日か、そんな日が来ることを夢見て、Illustratorで使った作品のクオリティをあげるのに、日々精進して頑張ってください。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク