Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 独学でスキルアップ > HTMLとCSSでいまどきのWebサイトを作成しよう

独学でスキルアップ

HTMLとCSSでいまどきのWebサイトを作成しよう

少し前までなら、テーブルレイアウトでWebサイトを作る企業もまだまだたくさんあり、未だにテーブルレイアウトのサイトもたくさん存在しますが、今はCSSレイアウトが主流です。CSSを使って、いまどきのWebサイトを作成する方法を簡単にご説明します。

少し前まではテーブルレイアウトと言って、tableタグを使い、htmlファイル1枚でデザインもページの情報も載せてウェブページを作成していました。

今でもそれは、やろうと思えば出来るのですが、HTMLの本来の役割は、ページに載せる情報に適切な意味づけをしてマークアップすることです。

tableタグは、表として意味するものに使い、決してレイアウトの実現のために使うものではありません。

(tableタグでレイアウトを実現するようになった経緯はここでは説明しません。)

現在は、ページに載せる各情報に見出しなら<h1>、<h2>など、テキストの段落などは<p>、箇条書きのリストなどは<ol>や<ul>を使います。

ちなみに、<h1>のhはheadline(見出し)、<p>はparagraph、<ol>はordered list、<ul>はunordered listです。分かりやすいですね。

HTMLでマークアップをしながら、視覚表現はCSSで行います。HTML側では、<h1 id=”pagetitle”>とか<p class=”news”>のように、idclassを付けます。そして、CSSファイルに、pagetitle {font-size: 120%;}とか、news {text-aligne: right;}という風に設定すると、h1は通常より120%大きいフォントサイズで表示され、pは右寄せで文章が記述されます。

初めは簡単なことから、徐々にレベルをあげていってCSSを使いこなせるようになってください。

最初は難しいかもしれませんが、クオリティは別ですが、コーディングは大抵のWebデザイナーでもできます。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク