Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 独学でスキルアップ > 面接でアピールするためのWebサイトを作成しよう

独学でスキルアップ

面接でアピールするためのWebサイトを作成しよう

スクールに通っているひとはスクールで作った作品が出来ると思います。独学でWeb制作を勉強する人も、自分でWeb制作をしてみましょう。

サーバーを探したり、テーマを考えたり、ページの構成をどうするか、デザインをどうするか等、全て自分で作ってみる事は良い経験になると思います。

ページ数は多くなくても良いと思いますが、コーダーを目指す方ならばHTMLの構造に気を付けたり、SEO対策をやってみて実際どんな効果があったか等をアピール出来ると良いと思います。

現状のサイトのどんなところが改善点か等も聞かれたら正直に答えて良いと思います。

私はデザイナーではないので、デザインのことはよく分からないのが正直なところなのですが、どういう意図でデザインを作ったのかは説明できた方が良いです。

自分なりに考えて作ったところがあるはずなので、それを語れば良いと思います。

プロのWebクリエイターになるものとしては、制作でどうしてもうまくいかずに悩む部分も出てくると思います。そういうところでは、考え抜いた結果、自分がどう思ったから、そうなったという意見を持つことも大切です。

間違っている時は、指摘されますが、悩んだ部分は自分なりに手を尽くして、妥協しなかったという姿勢を見せられることも大切です。

この人は、責任を持って仕事をやってくれそうだな、という印象を与えます。

そういった意識を持つことを大切にしてWebサイトを1つでも作り上げて、面接を受ける時に作品として提示できると良いと思います。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク