Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > Web制作を学ぼう > デジハリで学ぶ

Web制作を学ぼう

デジハリで学ぶ

スキルアップのためにスクールに通いたいという方も多いと思います。大抵の方は、候補の中にデジハリがあると思いますが、そのデジハリがどのくらいお役に立ちそうか、ご紹介したいと思います。

デジハリは、コースによって受講期間がさまざまですが、1−2ヶ月程度のものから最大1年(オンラインスクールは半年)のものまであります。卒業生の作品として、以下のようなサイトが公開されていましたので、載せておきます。

teisatsu lab

これからプロとして働いていくには、これくらい作れたら十分じゃないかと思います。技術はまだまだだとしても、仕事でやっていれば必然的にそういうものは磨かれます。

Web制作で使うソフトといえば、DreamweaverPhotoshopIllustratorFlashがあります。長期の講座を選ぶと、これらの使い方を一通り学ぶことになります。ただ使えるようになるだけなら、市販の書籍でも可能です。それで足りるという人は、本を買って勉強するのが安上がりでいいですね。

Web業界に入りたいけど、どの分野が自分に向いているか分からないという方は、スクールでは手広く学んでみて、仕事に就く時に自分の中でやっていきたいものに絞った方がいいんじゃないかと思います。向かないからって最初から勉強しなかったら、あとでやっておけば良かったと思うことがあると思います。Webの世界は、色んなことを知っておいたり、スキルがあった方が得をする世界です。ぜひ、機会がある時に積極的に勉強しておくと良いです。プロになってからだと教えてもらうのは難しいからです。

デメリットを挙げるとすれば、スクールで学べる事だけでは、実際の仕事場で使える実践的なスキルに繋がらないというところでしょうか。ただ、OJTインターンシップなどを通して実践を経験することができるようですので、いきなり転職するよりは良い経験になって心強いと思います。その他のデメリットは受講料などの費用が結構かかることです。もし、ソフトの使い方くらいなら独学でも勉強できるという人は独学をお勧めしますし、仕事に就いてからも勉強する習慣は大切なので、そういうクセをつけるのも良いと思います。

独学では得られないメリットとしては、有名な方を招いての特別授業や講義が行われることがあります。ハリウッドの映画監督、ティム・バートンや映画『DEATH NOTE』の金子監督なども招いたことがあるようです。あとは、リアルな人脈作りが出来ることですね。

興味がある方は、デジハリのパンフレットの資料請求を行うことが出来ます。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク