Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 職種と求められるスキル > コーダーの仕事内容と求められるスキル

職種と求められるスキル

コーダーの仕事内容と求められるスキル

デザインを元に(X)HTMLとCSSでページを作成していくコーダーのお仕事をご紹介します。

コーダーは、Webデザイナーが制作したデザインの意図を理解し、(X)HTMLとCSSを使ってページを作成していきます。制作の注意点として、ターゲットブラウザを考慮してコーディングをする必要があったり、メンテナンスの効率化を考慮してソースを書くなどの配慮が必要です。

将来的にWebディレクターやWebデザイナーを目指したり、Webプログラマーへの道を目指す事も可能です。

求められるスキルは以下のようになると思います。(それぞれの会社の業務内容により異なります。)

  • DreamweaverやテキストエディタなどでHTML、CSSを使ったコーディング
  • Illustrator、Photoshopなどの基本操作が可能
  • SEOの知識
  • JavaScript、PHP、CGIの知識

 

コーディングは力仕事(短期間で何十、何百ページ作成)が多いので、作業を早く正確に行う工夫も必要になります。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク