Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(行動編) > 面接でスキルをアピールする

就職・転職(行動編)

面接でスキルをアピールする

未経験でも人材として欲しいなと思ってもらえる人ってどんな人でしょう?実践でやっていないのに、スキルがあることが採用者に伝われば、内定は近いです。ここでは、そんな風に思われる人材がどんな人か紹介します。

私の職場は、ベンチャー企業です。そして、大きな事業をやっていくには、まだまだ人材不足ということで、積極的にスタッフの採用を行っています。私は、直接採用担当とは関わりありませんが、色んな人の出入りを見ていて感じることがあります。

優秀な業界経験者の方も多く採用されますが、Web制作の現場にも未経験でこの職場に入って来られる人は多くいます。そういう方は、どんな人かというと、業界未経験で飛び込んで来た割には、制作現場で通用するスキルや情報を身に着けていて、必要な情報をキャッチ出来る人だと感じます。

そして、そういった情報を吸収するだけでなく、自分のものにして、きちんとアウトプットすることが出来る人が重宝されます。

実際、そういう人は入社した後も、誰に言われるでもなく、自分でスキルアップをして、仕事の幅を広げていきますし、自力である程度成長できる人は自己解決力もあるので、上司としても仕事を任せて、あれこれ教えなくてはいけない負担がなくて済むのはとても楽です。仕事のパートナーまたはチームとしてとても頼もしいと思われます。皆各自の仕事に集中できるので、プロジェクトがスムーズに進みやすいですよね。また、自分のポジションの役割をしっかり果せていることは、自信に繋がったり、やりがいにも繋がります。

仕事に役立つ情報をキャッチするには、その業界で有名な人の情報を集めたり、話題になっている書籍をチェックしたりして、やりたい職種に合わせて必要なスキルを身につけて行くと、現場でも活かせるスキルが身につきやすいです。

実際、現役のWeb制作者もWeb上や市販の書籍からスキルや情報を吸収しているので、自分のアンテナもそれに合わせれば、同じことができてしまいます。

現役の現場スタッフが情報収集に使うツールなどをごく一部ですが紹介しておきます。

書籍

ブログ

セミナー

関連リンク

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク