Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(行動編) > 30代未経験でWeb業界への転職

就職・転職(行動編)

30代未経験でWeb業界への転職

30代で実務未経験でWeb業界の仕事に就くなんて無理だと思っている方もいるかもしれませんが、実際に転職を実現した人もいます。30代で実務未経験で転職するためのポイントをあげてみたいと思います。

30代で実務未経験の方は、今までのキャリアの中で活かせる部分を見つけることです。30代でまったく1から始めようとするには、受け入れてくれる企業があまりないでしょうし、あったとしても実務未経験なのに、活かせるキャリアもなければ年収も下がってしまう可能性が大きくなります。

30代でも今までのやり方に固執せず、新しいことに柔軟に対応でき、新しい環境、新しい仕事のやり方などにも適応できることが大切だと思います。

30代で実務未経験でも、自分が持っているキャリアでカバー出来る部分があると良いです。営業的な仕事スタッフをまとめる役もこなせると転職の際に強みとして活かせると思います。
Webデザインやコーディングも好きなら、30代でもスクールに通ったり、現場で制作も覚えられるし、マネジメントやリーダーシップが発揮でき、上流工程がこなせるようになっていければ、Webディレクターとして活躍が出来ます。

Webデザインが好きで、Webデザインを極めていけば、アートディレクターのポジションもあります。Webのデザインだけに限らず、印刷関係もこなせる方が多いです。たとえば、パンフレットや名詞、会社案内やイベントの案内状などのデザインがあります。

コミュニケーション能力は、Web業界にいる限りは、どのポジションに居ても必要とされ、Webディレクターは特にスタッフともクライアントともコミュニケーションが取れないと困る仕事で、質問に答えたり、自分の考えが表現出来るかが重です。30代では、それなりのコミュニケーション能力も期待されます。
また、分からないことは自力で解決出来る問題解決能力も必要かと思います。

私の身近にいる人でも、30代で印刷業界や映像の仕事からWeb業界にWebディレクターまたは営業として仕事に就かれた方などを見ています。世間をもっと広く見渡せば、30代で実務未経験でクリエイティブ職以外から転職された方もいらっしゃいます。

30代でも新しいことにも貪欲で、具体的な目標を持って自分を成長させていける人は、きっと自分の道を切り開いて行けると感じています。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク