Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(行動編) > キャリアアップのきっかけはHTMLコーダーから

就職・転職(行動編)

キャリアアップのきっかけはHTMLコーダーから

HTMLコーダーの求人情報を見たことがあると思いますが、HTMLコーダーはWebデザイナーがデザインを作成して、出来上がったものをHTMLでマークアップし、具現化していくのがHTMLコーダーのお仕事です。
将来的に、WebデザイナーやWebディレクターを目指す事が出来、キャリアアッププランを用意している企業のHTMLコーダー求人情報も見かけます。

HTMLコーダーは、求人情報によってはマークアップエンジニアという呼ばれ方をすることもあります。

HTMLコーダーは、Webデザイナーより下に扱われることもありますが、分業でやっている職場ではよりHTMLを極めることが出来ます。分業が良い方は、求人情報や面接の際に確認して下さい。テーブルレイアウトが当たり前だった一昔前と違い、現在はCSSレイアウトが主流なため、(X)HTMLとCSSを使いこなすことがスキルとして必要で、コーダーの求人情報でも必ず求められるスキルに含まれています。

プロのHTMLコーダーが使用するソフトはDreamweaver、テキストエディタで、この2つが使いこなせれば、コーディングが出来るはずです。Webデザイナーに必要なソフトよりは比較的安く、Web制作を始めるには費用をかけずに始めやすいポジションです。実務未経験の方向けの求人情報もあるので、業界未経験の方でもチャレンジできます。

他に必須または歓迎されるスキルとして求人情報で見かけるのはJavaScriptです。他のプログラミング言語とは似ているようで違ったりもします。将来的に様々なプログラミング言語を覚えていくのに、JavaScriptはやっておいて役立つ言語です。求人情報によっては、他にもPHPやCGIといった言語のスキルを求めるものもあります。

最近のWebサイトは、Flash動画、ストリーミングビデオ、Web3Dなどが用いられるリッチメディアコンテンツが普及し、Webだけでなくモバイルサイトに要求されるコンテンツのレベルも高くなってきていることなどから、幅広い知識やスキルを持ったWebデザイナー、Webディレクターが必要とされ、そういった求人情報も増えています。

HTMLコーダーから始めてキャリアアップを目指すことがWeb業界で活躍し続けるポイントとなると思います。色んな経験をさせてくれる求人情報が見つけると良いと思います。

アルバイト、派遣、正社員。どの雇用形態でも実務未経験でも自分次第でプロのHTMLコーダーになれます。HTMLコーダーの求人情報を探すなら、以下のサイトがお勧めです。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク