Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(行動編) > 未経験者は、意欲を見せて採用を勝ち取ろう

就職・転職(行動編)

未経験者は、意欲を見せて採用を勝ち取ろう

新しい仕事に直接関係するようなスキルなどが足りないなど自分にないものの事を考えて不安になるかもしれませんが、それを態度に出してはいけません。意欲なら負けないという気持ちで面接に望みましょう。

私も最初の方に受けた面接は、何をアピールしてよいのか戸惑い、また言いたいことがうまく纏められず、Web制作に関する経験も乏しくて、その自信の無さが態度や言葉に出ていました

そんな調子で採用してくれる会社なんてあるはずありません。

私は何件も面接を受けに行って、段々さまになってきたところがありますが、できる人は面接を受ける前に紙に言いたいことを纏めたり、シミュレーションをしてみたりして、面接に備えると良いと思います。

Web制作に関することで、どんな事が出来るかをたずねられたら、経験が少ないのはどうしようもないので、どんな事を勉強してきたなど自分なりに努力してきたことをアピールするのが良いと思います。

Web制作がやりたい、意欲なら負けないという風にアピールしてみると、興味を持ってくれる会社が何件か出てくると思います。私は、派遣会社で勧められた会社から「スキルは期待できるレベルではないけど、やる気のある人なので面接してみようか」という風にきっかけを貰う事が出来ました。

Web業界は未経験者にとっての転職活動は、何かと厳しい思いをしますが、前向きに活動をし続けていれば、担当者の目にとまるようになると思います。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク