Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(行動編) > キャリアアップの成功は、自分の成長を実感できます

就職・転職(行動編)

キャリアアップの成功は、自分の成長を実感できます

ずっと同じポジションで仕事するのは、変化がなくてつまらなくないでしょうか?なにか新しいことができたりすると、自分のキャパシティを広げられるし、キャリアアップにも繋がります。

私は事務職からの転職だったので、Web業界とはっきり違うなと思うのが、事務職はどこまで経験を積んでも事務職のままですが、Web業界はWebデザイナーやコーダーが目指せる次のポジションはWebディレクターがあります。Webディレクターより上に行くとWebプロデューサーになります。

もちろんWebデザイナーがコーダーを目指したり、コーダーがWebデザイナーやプログラマーを目指したりもしますが、これは主にスキルアップが重視されるので、ディレクターやプロデューサーを目指すのとは、ちょっと違います。

ディレクターなどを目指すには、自分のスキルアップだけでなく、他人の進捗管理が出来なければいけなかったり、制作に関わるディレクション能力が必要になったり、何よりWebのことに関する知識や経験も総合的に求められます

プロデューサーは、仕事としては制作者としてのスキルがなくても、Webをどうプロデュースできるか考えたり、マネジメントを行ったりすることが出来れば問題ありません。

こんな風に上を目指す方には、それぞれ具体的なポジションがあるので、目標にしやすいのではないでしょうか。

制作者としてWebデザインとコーディングを極めたり、もしかしたら、さらにプログラミング言語もマスターしたいという人もいるかもしれません。

いずれにしても、自分がどれだけの経験を積んで、どんな事が出来るようになったという実績は、自分の成長を実感するものになり、非常にやりがいを感じやすい職であると思います。

Web業界の状況は進化が早いので、常にスキルアップが求められたり、新しい知識が必要になったりします。ぜひ、自分はこうなりたいという目標を持ってほしいと思いますが、ベンチャー企業では、目標を持っていてアピールできると、受け入れられやすいと思うので、面接の際は、ぜひアピールしてみてください。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク