Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(準備編) > Web業界の現状

就職・転職(準備編)

Web業界の現状

最近のWeb制作の現場では、SEOやアクセシビリティ、ユーザビリティなどといった知識も広まっていますし、ブロードバンドが当たり前の今ではリッチメディアコンテンツの制作も進んでいます。

そんなWebサイトを作るには、Webクリエイター側にも様々な知識やスキルを持っていることが要求されるようになってきました。

リッチメディアとは、テキストや静止画だけの静的なWebページだけでなく、動画や音声などのコンテンツも持っていることです。

Flashやプログラミング言語を活用して、ユーザー側の操作によってWebページの表示情報が切り替わるなど、インタラクティブ性を備えていることもあります。

そんな背景を踏まえると、Web業界の現状としては、Webサイトに求められる要素が色々と高まって来ているのに対して、高度なスキルや豊かな知識を持ったWebクリエイターはまだまだ不足しています。

もちろん実務経験というのは仕事を通してしか積めませんから、仕事に役立つスキルというのは、実際に現場に入ってから身に付けるものですが、新しいことをどんどん吸収しようという積極的な姿勢を持っている人が、この業界で長く活躍していくには求められます。

そういう姿勢または素質も持っている人には、Web業界で活躍している人たちからも支援され、結果的に自分の成長にも繋がります。

未経験で未熟な面があっても、前向きに頑張れる人は自分のスキルや知識を磨いて、経験を積んでいくことが大切です。

Webデザインやコーディングをひたすら極める職人肌の人もいれば、Webディレクターやプロデューサーなどを目指して、ポジションアップを目指す人もいます。

経験年数に合わせて、それなりのキャリアを築いていき、そこそこのスキルと知識で成長が止まってしまわないよう心がけてください。

人材不足の現状にひとりでも多くのWebクリエイターが補えるように、新しい情報にアンテナをはって、これから求められる技術やWeb業界の動向にも注目し、自分の成長に繋げていきたいところです。

プロのWebクリエイターを目指してスキルアップしよう

通信講座を扱うフォーサイトでは、Webクリエイターとしてスキルアップさせてくれるスクールをいくつか紹介しています。Webデザイナー寄りの講座が中心ですが、HTMLの基礎知識などももちろん教えてもらえます。

スクールに通うか検討中の方は、まずは気になるスクールの資料請求をすることができます。
プロをめざせるスクール・講座検索サイト「資格と仕事.net」

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク