Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(準備編) > Web制作に関わるスタッフとは?

就職・転職(準備編)

Web制作に関わるスタッフとは?

私が転職活動を行っていた時、実はWebデザイナーとコーダーの違いさえよく分かっていませんでした。他にも、プロデューサーとディレクターの違いが分からないとかスタッフの構成がよく分からない人もいると思うので、参考までにご紹介したいと思います。

会社によって業務内容など異なってくるので、求人を見る際は、業務内容もきちんと確認してみてください。 Web制作は、まずマネジメントが出来る方が必要です。これがないと、Web制作のお仕事は発生しません。こういったサイトのプロデュースをしてくれる人を、Webプロデューサーといいます。

その次に、ディレクションが出来る方が必要です。この立場の方をWebディレクターと呼び、制作のスケジュール管理やスタッフの進捗管理などを行います。テクニカルな面でのディレクションも行います。

次に、最も人気があると思われる制作スタッフがいます。デザイナーコーダーの他に、動画制作3D制作コピーライターカメラマンなどがいますが、デザイナー、コーダー以外は業務委託などで行ったりすることもあります。(会社によります。)

そして、バックエンドと呼ばれるシステム系のスタッフもいます。Webページの中にプログラムを組み込んだりするWebプログラマーなどが存在します。

大雑把に挙げるとこのような感じですが、マネジメントも一部できるWebディレクターがいたりもしますし、ActionScriptが出来るデザイナーがいたりもしますし、興味のあるポジションがあれば、幅を広げていく事も可能だと思います。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク