Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 就職・転職(準備編) > 実務未経験での転職活動とは

就職・転職(準備編)

実務未経験での転職活動とは

実務未経験でもWeb業界に転職できない事はありませんが、即戦力が求められる求人が多いため、実績がアピールできない、という壁にぶつかります。

実務未経験者がその壁をクリアするためには、どうすれば良いのでしょうか?

スクールや専門学校などに通わずに転職活動を考えている方向けになりますが、Web業界でWebデザイナー、コーダーを目指している実務未経験の方は、求人情報を見ていても分かるように、それに相当する経験が求められます。

私も実務未経験でしたので、Web関係の求人に応募する時のアピール材料の1つとして、自分で1から立ち上げたWebサイトを作品としていました。

コーダー向けの求人の場合、自分で制作したWebサイトも参考にはしてもらえるのですが、これだけではアピールポイントとしては弱いです。Webデザイナーの求人の場合は、ポートフォリオは必須なので、作品として持っておかなければいけません。Webデザイン的な面をアピールできるサイトを持っておくと良いでしょう。

人材派遣会社の求人案件に応募したい場合は、個人で作ったWebサイトはスキルを計る材料としては見て貰えず、それよりは仕事としてWeb制作をしたことがあるかが重要視されました。やはり、あえて実務未経験者向けの求人を探さないのであれば、そこそこの即戦力は求められます。

友人の紹介で業務委託の様な感じで単発ですが、仕事を経験させて貰ったことがあったので、ここでは実務未経験ではなく、その事をアピールしました。アピールすると、その時の仕事内容やどれくらいのボリュームの仕事だったか、URLなど詳しく聞かれるので何でも答えられるようにしておきましょう。

実務経験は少しでも積んでおけると有利なので、もし、周りにWeb制作の仕事をしている人がいたら、ささやかな仕事でもいいので、紹介して貰うなど身近な人からの求人情報を集めてみるのも良いと思います。

また、その仕事でやった成果物はなるべく自分の手元に持っておけるようにデータを保管しておいて下さい。面接の時にアピールできると思います。

公開アドレスを控えておくのも良いですが、期間が空いてしまうと、更新されて見えなくなってしまう事もありますので注意してください。

また、派遣会社の中には、スキルアップ講座を用意しているところもあり、まずはそういった講座を受けてから、求人案件の紹介をしてもらえるところもあります。

Web業界で制作業務を希望する方は、即戦力をアピールできるように自分の作品を作ったり単発や短期間でもアルバイトなどを経験してみて、就職活動に備えると良いでしょう。

その事が履歴書に書き添えられるのと、実務未経験では印象が変わってきます。

正社員を目指して、アルバイトから始める

アルバイトで経験を積んで、ゆくゆくは正社員で働きたいというチャレンジ精神旺盛な方は、「[en] 本気のアルバイト」で仕事を探してみることをお勧めします。実務未経験でもアシスタント的な業務内容からプロを目指すことも可能です。

本気でアルバイトを見つけたら、プロのクリエイターとして活躍できる道への第一歩です。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク