Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > 転職に役立つ情報 > 中途採用でWeb制作の実績を作る

転職に役立つ情報

中途採用でWeb制作の実績を作る

新卒でもある程度スキルを見込んで採用しますが、中途採用でもいくらかスキルがある人が望ましいです。ただ、新卒と中途採用では、社会人経験の有無という違いがあるので、中途採用の人には社会人としてのマナーが身についている事が当たり前とされます。

20代、30代に関わらず、ウェブのお仕事に憧れるという人は少なくありません。特に人気があるのはWebデザイナーです。自分のセンスやスキルを活かせる仕事、たくさんの人に見てもらえる仕事でやりがいを感じられると思います。

ただし、実績がないとWeb業界への転職は厳しいところもあります。採用担当者にとっては、どの位のスキルを持っているの?というところがとても気になるところだと思います。そこで、自分の作った作品を出せば、デザインやコーディングのスキルがある程度分かります。デザインのコンセプトやコーディングでこだわりのある部分など、聞かれれば自分の思いが伝えられるくらいだと良いのではないでしょうか?(あまり主張しすぎてもいけません。)

インターンシップなどを経験してみて、Web制作の現場と関わりを持てるのも良いと思います。実務未経験だと、どうしても実際の仕事を通してしか分からないこともたくさんありますし、実際に業務を体験してみた方が、転職活動の際にアピールできる材料として説得力が伴います。

短期アルバイトでオペレーター的なお仕事をやってみるのも良い経験となるのではないかと思います。1つ経験が出来れば、次の転職活動は経験の有無という面では楽になりますし、正社員で就職出来れば、出来るだけ長く勤めて、自分のスキルを確固たるものにし、実績を培うことにもなるでしょう。

参考までにご紹介しておくと、就職活動支援サイト「ジョブウェブ」では、Web制作のインターンシップに関する情報収集をすることが出来ます。学生向けは、[en]学生の就職情報があります。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク