Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > FAQ(スキル・知識編) > 初心者なら知っておきたいjpgとgifの違い

FAQ(スキル・知識編)

初心者なら知っておきたいjpgとgifの違い

私は面接で聞かれたことがあるので、初心者で知らない人は覚えておきましょう。

jpgとgifの違いで、分かりやすいのは、まず持てる色の数が違います。gifは256色まで持てる保存形式です。jpgはなんと1670万色まで扱うことができます。

gifに適してしるのは、256色以下の画像です。Photoshopで画像を最適化するときに色数は確認できます。jpgは、主に写真などの画像をWeb用に保存する時に向いています。

gifは、背景に透過色を使うことができますが、jpgには使えません。

その他の違いとしては、gifは可逆圧縮なのに対し、jpgは非可逆圧縮になります。

可逆圧縮とは、データの欠落を起こさずに圧縮することなので、圧縮前のデータを復元することができます。

一方、非可逆圧縮の方ですが人の目は何万色とある色を見分けるころができませんでの、認識しにくい部分に関しては実はデータを捨てています。捨てたデータは元に戻らないので非可逆です。

圧縮率は上げるほど、画像が劣化し、ノイズが入ります。念のため、元データのバックアップは取っておいた方が良いでしょう。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク