Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > FAQ(転職活動編) > 面接でアピールする方法が分からない

FAQ(転職活動編)

面接でアピールする方法が分からない

面接で上手にアピールするポイントをあげたいと思います。

とにかく受かりたいという焦りがでるのか、変に会社のことを褒めたり、自分のことを大きくアピールしたくなるかもしれませんが、下手なお世辞や大げさなのはわざとらしく逆効果です。

実務未経験からWeb業界へと思うと、仕事の経験が少ない分なにかアピールしようというのは良いと思いますが、大げさにしたり、わざとらしくする必要はありません。

第一それで受かっても転職が本当に成功したとは言えないかもしれません。

年齢に応じた経験とスキルや人間性、社会人としての常識、入社して長く勤めてもらえるかなどの方が重要だと思います。

普段から自分の成長につながるような努力をしていれば、自然と話せることですし、普段から頑張っている人柄を評価してもらえるのではないでしょうか。

もし、自分は怠け者だと思う人は今からでも生活態度を小さなことでも変えてみるとか、仕事でも小さな努力をしてみるとか、いきなり大きなことをしようと努力するのではなく、身近なことから頑張ってみるのも続けていけば大きな変化へと繋がると思います。

例えば、出社したら明るくと挨拶をするのでも良いでしょう。人によっては、黙って自分の席につく人もいますが、挨拶ができるかできないかも大きな違いです。

小さなことから積み上げてきたら、気が付けばそれなりの経験やスキルが身に付いているはずです。それを面接でありのままに伝えられると良いですね。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク