Web業界への転職をサポートします

Web業界転職への道 > FAQ(転職活動編) > WebとDTPの違い

FAQ(転職活動編)

WebとDTPの違い

よくWebとDTPとは比べられますが、この二つの違いについてご説明したいと思います。

Webは、そのままWeb上のデザイン、成果物などです。DTPは、Desktop publishingの略で印刷物のデザインのことです。

いずれもパソコンで制作を行います。IllustratorPhotoshopというソフトが必要になります。同じソフトを使いますが、出力先が違うので、解像度が異なったり、カラーモードが異なったりします。

Illustratorを立ち上げた画面

Photoshopを立ち上げた画面

いきなり両方を極めるのは難しいようです。中途半端なスキルだと、それぞれの知識が邪魔をしあって、思うようにデザインが出来なかったりするようです。

まずは、Webで必要な知識やスキルをとことん身につけてから、DTPも学んでいけると良いのではないでしょうか。

私の知り合いにWebデザインも印刷物も作れる人がいます。なんでも出来る方が仕事に困らないと思うので、将来的には、そのくらいベテランになれると良いと思います。

下積みは結構大変だと思いますが、学校なんかで学ぶより、仕事を通しての方が色んな事が身につくと思います。

Webデザインをするのに、DTP関連の書籍で良いと思うものをWebに取り入れたりしているデザイナーさんもいます。

WebデザインをするためにDTPを学ぶのは中途半端ですので、いずれどちらも出来る事を目指せば、仕事はたくさん貰えるようになるはずです。

Web業界とのネットワークが強いデジハリ

スクールを卒業したらすぐに仕事に就きたい!という方にはデジハリをおすすめします。

デジハリはWeb業界とのネットワークに強いスクールです。
卒業制作を出して卒業した人は、ほぼWeb関係の仕事に就けているとのことです。本気でやる気のある方は、デジハリに通って損はないです。

また、Web業界での仕事が未経験の方は、次のような悩みをお持ちだと思います。

  • Web制作に必要なソフトを使いこなしたい
  • Web制作に必要な最低限のスキルを身につけたい
  • 困ったときにすぐ先生に質問したい

卒業後、仕事に就くには即戦力が必要ですが、デジハリの講座内容は、Web制作に必要なカリキュラムがきちんと組まれているので、イラレ、フォトショ、Dreamweaver、Flashといったソフトを使えるようになった上で制作する力を付けられることは充分に期待できます。

ぜひ、デジハリでチャンスを掴んでください!

デジハリの資料請求はこちら

スポンサードリンク